読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単調な毎日に刺激を

大学生。音楽や本などいろいろ書いてます。

メモを取るってやっぱり大事だと思った今日一日

こんにちは。

ブログを始めてからメモを取る大切さを日々実感しています。
ブログに書けそうなネタが思い浮かんだ時、極力メモるようにしているんですが、ちょくちょく書き忘れるんですよ。
そして後で思い出そうと思っても全く思い出せなかったり…ということがしばしば。
まだ二十歳なのに情けないですほんと。

 

 

舌先現象

全く思い出せないのはまだ良いんですよね。
でも、思い出せそうなのに思い出せない時って最悪じゃないですか?
あとちょっとの所まで出かかってるのに肝心の中身が出てこない、という時の物凄いモヤモヤ感。
逆に考えれば考えるほど思い出せなくなるんですよね。
今日も通学途中にこんなこと書いてみよう、とアイディアが浮かびました。
ちょっとしたあるあるネタなんですが、肝心の中身が全く思い出せません。
今もこれを書きながら思い出そうと思ってるけど、あとちょっとのところで行き詰まってます。
 
こういう「喉まで出かかってるのに思い出せない現象」のことを「舌先現象(Tip of Tongue」というそうです。
 
何でも名前が付いてるんですね〜
 

ファスト風土

今マックでこれを書いてるんですが、隣の女子高生が恋バナで盛り上がってます。
一人でマックやカフェに行くとき、毎回僕は隣の人の会話を聞いてしまいます。
なぜか僕の隣に座ってる人はめちゃくちゃ声がデカイから気になっちゃうんですよ。
とにかく、どこの女子高生も会話の内容はほとんど一緒です。恋バナか他の女子の悪口。あとは彼氏の悪口。
普段は「〇〇ちゃんかわいい〜!!」を連呼してる女子高生ですが、まるでそれが嘘のように他の女子を容赦なくdisり倒します。
「あの子あんま可愛くないよね?」「勘違いしてない?」といった恐ろしい会話が聞こえます。
怖い怖い。
ちなみに今僕の隣に座ってる女子高生は恋バナから同級生の悪口に話がシフトしました。
多分北海道から沖縄まで全国の女子高生の会話の内容は均質化してるんでしょう。
このように、地方の郊外化が進んで日本の風景が均質化し、地域の独自性が失われる現象を「ファスト風土」というそうです。
たしかに日本の郊外はどこも同じような風景してますよね。
 

最後に

またネットにゴミを撒き散らしてしまいました。
ここまで書いたのに書きたかったネタが思い出せないので、もう思い出すのやめます。
でも僕は天邪鬼なので、考えるのをやめようと思えば思うほど考えてしまいます。
こういう現象を…
 
とにかくこういうことがないように、気になったことはすぐメモった方が良いですね。
明日から気をつけます。