読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単調な毎日に刺激を

大学生。音楽や本などいろいろ書いてます。

加山雄三さんのような大人になりたいと思った

小学生の頃は、「大人」というと雲の上のような存在で、自分は一生大人になれないんじゃないかと思ってました。
でも今も年齢的には大人になったとはいえ、経済的にも精神的にも親や他人に依存してしまう部分があって、まだまだ大人になりきれてないなあ、と思います。

柔軟な大人になりたい

どんな大人になりたい?
と聞かれれば、僕は
自立してて、
お金持ってて、
みんなに愛されて…
とか色々思うんですが、
最近思ってるのは、「いつまでも新しい物を受け入れられる柔軟な大人になりたい」ということ。

例えばポケモンGOについての文化人の発言もそうですが、
年を重ねれば重ねるほど、
これまでの自分の常識とはかけ離れた許せなってくると思うんですよ。

そういう時に
「これは邪道だ」とか
「俺はこんなの認めない」とか
「やってる奴を軽蔑する」みたいに
拒絶するんじゃなくて

「おお!面白い」
と言って受け入れられれば
どれだけ年を重ねても、フレッシュで面白い人生を送れるんじゃないかと思います。

常に最先端を生き続ける加山雄三さん

そんなことを思ってた時に見つけたのが、この加山雄三さんがベビーメタルの魅力を熱弁したという記事。

news.livedoor.com

番組後半では、「今、心に響く曲」についてトークを展開した。ここで、現在79才の加山は、「知ってますか? BABYMETAL」それに対して阿川は「知らないですから」と即答。予想もしていなかった回答だったようで、さらに「ヘビーメタル?」と聞き直してしまう。

ほんとすごいな〜笑
阿川さんも予想してなかったそうですが、これは予想できませんよねw

BABYMETALも結構批判されてましたけど、批判してる人は、加山さんみたいに楽しんだ方が良いですよ絶対。と思いました。

それにしても、とんでもない79歳だな。と思って調べてみたらもっと色々でてきました。
例えば、

  • 日本初のシンガーソングライター
  • 日本初のサーファー
  • ガチのゲーマー

こうやって新しく入ってきたものを受け入れ続けてきたんだなっていうのが分かりますね。だからこそ常に最先端を生き続けてるんだと思います。

カッコいい。

カッコよすぎる。

こういう人はいつまでたっても若いし、色あせないですね。

まとめ

みんなこういう歳の取り方したら老害なんていう言葉もなくなりますよ。多分。
僕もあと59年経ったら、加山さんみたいな79歳になってれば良いな〜

まあ今は新しいもの受け入れることに全く抵抗なんてないですけど、
あと20年くらいしたら僕も保守的になっちゃうんですかね
なってたら嫌だなw

未来がどういう世界になってるか分かんないけど、常に柔軟で新しいことに興味を持ち続けたい。そして最前線で楽しみ続けたい。
加山さんを見てたら、そう思いました。

お嫁においで 2015

最後に僕の好きな曲を。
加山さんの名曲「お嫁においで」のリミックス版です。
PVの最後に本人も登場します。
m.youtube.com