読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単調な毎日に刺激を

大学生。音楽や本などいろいろ書いてます。

ラッパー徳利の新曲「清澄白河」が地味にクセになる

こんにちは。

みなさん清澄白河に行ったことはありますか?

僕はありません。

行ったことがある人もない人も、この曲を聴けば清澄白河に行きたくなるはずです。

清澄白河〜♪清澄白河〜♪

クセになる「清澄白河

この曲を歌っているのはラッパーの徳利さん。

知らなかったので調べてみると、

Twitterに投稿した学生時代の冴えない思い出ツイートをまとめて曲にした「徳利からの手紙」がtofubeatsやPUNPEEらにフックアップされ、一躍ブレイクした福岡在住のラッパー。

らしいです。

「徳利からの手紙」はこちら。


そんな彼が活動休止を経て発表した復帰1作目がこの

清澄白河

地元福岡でもなく、どうして東京の中でも割と地味目な清澄白河にしたんだろう?

その時点でちょっと面白い。

PVでは、下町を感じさせる銭湯や相撲部屋、松尾芭蕉が『おくのほそ道』の旅へ出発した地「採荼庵跡」、そして2015年にオープンした「ブルーボトルコーヒー」の1号店など、清澄白河の名所が次々と出てきます。でも、徳利さんの表情と歌詞が絶妙すぎて名所よりもそっちに注目してしまいます...

サビの
清澄白河〜♪清澄白河〜♪
が頭から離れなくてクセになっています。

こういう曲をもっと出して欲しいですね!

公式SoundCloud

徳利さんの楽曲をもっと楽しみたい方はこちらから。

この記事を見た方はこんな記事も見ています